來宮神社は、古くから来宮大明神と称し、熱海郷の地主の神であって来宮の地に鎮座し、来福・縁起の神として古くから信仰されています。

御祭神・縁起LinkIcon

 平安初期の征夷大将軍坂上田村麻呂公は戦の勝利を神前で祈願し、各地に御分霊を祀ったとも伝えられ、現在では全国四十四社のキノミヤジンジャの総社として、信仰を集めております。
 御祭神五十猛命は熱海に鎮座される際、地元民と入来たる旅人を守護しようと神託をつげられたことから、伊豆に来る旅行者が多く参拝されます。
 国指定天然記念物に選定されております来宮神社のご神木「大楠」は樹齢2千年を超え、平成4年度の環境省の調査で、全国2位の巨樹の認定を受けており、幹周り約24米の迫力に人々は畏怖し、自然と手を合わせます。是非大楠に手を合わせ悠久の時の流れを感じてください。

■ お願い  神社周辺が大変混雑いたしますので、公共の交通機関をご利用くださいますようお願い申し上げます

LinkIcon交通・アクセス



結婚式の新郎新婦そしてご親族の準備、寛ぎの場として
参拝後の直会(なおらい)、打ち合わせ会場などに
ご利用ください。
詳しくはこちら

來宮神社 YouTube映像
 お時間があれば是非ご覧ください。(2分7秒)

(Movie & Music BY 七国屋 Motion&Music Camera/Lumix GH4)

サイトマップ

sakuraya.jpgjuraku.jpgakao.jpgkorakuen.jpgimage6.jpg